小学2年生の長女が、学院から健全診療の成績を持って帰ってきた

小学2年生の子供が、授業から頑強お越しの収支を持って帰ってきた。年間前の身長が117.2cmで今年の身長が123.2cmだった。通年6cm伸びたようだ。去年の8毎月から耳よりバスケットボールのグループに加入して、バスケを始めたのもあり、これだけ伸びたのかなと思った。おんなじぐらいのペースで伸びれば、年間後は130cmぐらいにはなりそうです。グループの3年生は、130cm過度ばかりなので、ちょこっと低いのかもしれない。私の身長が180cm、家内の身長が160cmなので、身長は比較的大きくなると思うので、開発が晩成タイプなのかもしれない。母乳を四六時中飲んでものすごく、そして、骨が厚くなって成長してください。ウェイトは、21.9kgから24.6kgに増えた。2.7kg増えたことになる。身長が伸びた取り分を考えると思ったよりウェイトは、目立ちなかったようだ。確かに、歩きがマッチョになってきているので、これもミニバスのインパクトかなと思った。視力や状態にも最適ので、このまま順調に成長してください。

教育費、投資運用で貯めたいけど、まだ今は妄想中です

我が家の子供たち(小学生二人)には、既に出産後早々より学資保険はかけています。
でも、18歳満期時にもらえる金額は一般的に言われている大学進学時に必要とされる額には足りません。
なので、今後、それとは別に貯金をしていきたいな、と考えているのですが・・・
気になっているのは、「金」「投資信託」のどちらかで、毎月積み立てながら貯めていく・・・という方法です。
リスクはあると思うので、すぐに行動に移せないでいます。
でも、気がかりな事って、頭の中にぼんやりと残っているもので、
何気ないテレビCMや、スーパーへ買い物に行く途中の銀行窓に貼られているポスター、などなどで
ファンドの紹介や、純金積み立てや、そんなものが目に張ります。
夫にも少し相談してみたけど、今は仕事の事で手一杯なのか、あまり真剣に話を聞いてくれない状態です。
そして心配になると、ネットでついつい検索してしまいます(あ、でも、この行為は脳には良くない習慣らしいですね。気を付けないと。)。
色々な企業のサイトや、また教育費に関する体験談など(皆さん、色々考えてうまく対処されているんですね)
今は流し読みですが、そのうちきちんと行動に移したいです!